車もDIYの時代に…?

車もDIYの時代に

世間ではホームセンター等の普及もあって、DIYがもてはやされています。

出来上がりそのものもそうですが、それを度外しても自分で何かを作る、それを余暇の楽しみとするみたいなことが大流行りです。

テレビのバラエティーなんかでもしょっちゅう流れるようになって、より一層見てる側を刺激してきます。

1965年生まれで今年51歳の私が若いころは、ちょうど車でもそういった感じがありました。

特に私は、大学で自動車部というクラブに属していてので余計に車を自分でさわったりする機会が多かったものですから、ちょっとした工具を揃えて、色々いじくったりしていたものでした。

当時は周りに自分で自動車をいじれる人はけっこういたような気がします。

特に昔の車は、今よりもずっとシンプルで、そしてコンピューター化されていない点もあったので余計に自分でさわりやすかったように思います。

ボンネットの中なんかでも、今はいろんなものがぎっしりと詰まっていますが、当時はスカスカだったように思います。

そして、メカニカルな面に触れない人でも、車のガラスにフィルムを自分ではったり、なかの照明や内貼り関係を自分で交換してドレスアップしたりといった人がたくさんいました。

今は、休日に車に関係することをしいる方というとせいぜい洗車ぐらいな気がするのですが、メーカーはちょっとカスタマイズした車というのをいっぱい出してきています。

家や家具をDIYで自分好みにすることを楽しむように、車も色々自分でカスタマイズできるようになれば、また楽しみも増えるような気がします。

そのためには車自体にもそういった余地が必要なのかもしれませんが・・・。

なんだか、そういったことができるようになると、また、ガレージに1人で籠ってしまいそうですが、楽しいだろうなあと思います。

SNSでもご購読できます。