実家からの宅配便~ありがたい親心に感謝します

実家からの宅配便

実家からの宅配便

久しぶりに遠く離れた母親から電話がありました。

地元の農家さんからたくさんの野菜をいただいて食べきれないので宅急便で送るという内容の電話でした。

そして数日後に荷物が届いたのですが、その中には野菜だけでなく、地元でしか購入することができない私が大好きな地酒と、私が大好きなチョコレートやおせんべいも入っていました。

毎日汚してくる幼稚園児がいる我が家を気遣ってか、洗濯用洗剤もたくさん入っていました。

野菜を送るというのがもちろん目的なのでしょうが、その例外の詰められていたものたちはを見ると、たくさんの親心としての気遣いが溢れて言いました。

夫が好きなえびせんべいも数枚入っていたり、子供が好きなクッキーが入っていたり、私たち家族の一人一人が好むようなものも散りばめていられたからです。

もう後期高齢者の仲間入りを果たしたばかりの母親ですが、40代のであっても私は母親にとって子供のままなんだなと感慨深かったです。

私も子供に親心をずっと送り続けたいなと思いました。

SNSでもご購読できます。