無印良品のカンパーニャ嬬恋村でキャンプデビューした思い出

カンパーニャ嬬恋キャンプ場

2015年10月に無印良品が運営するカンパーニャ嬬恋村でキャンプデビューしました。

子供達がキャンプが出来る(興味を持ち始めた)年齢に達した頃を見計らい、自分自身も自然の中で育った過去を踏襲するかのように、テントを購入してデビューしました。

実はテントを買う前にもBBQなどでクーラーボックスや椅子や机は購入にしていたので、あとはテントのみ!と意気込んでアウトドア用品店でテント購入。

そのまま予約という流れになりました。

当初は我が家だけで行くつもりが、思わぬところから周りにキャンプに興味があるママ友を発見。

結局素人3家族でキャンプデビューという運びとなったのです。

最初に訪れたのが、無印良品が運営している群馬県嬬恋村にある「カンパーニャ嬬恋村」。

標高は1,000mを越えていることもあり、10月時点でジャンパーなくしてて夕方以降は外にいるのがシンドイ環境でのキャンプ。

焼肉をやったり、ダッチオーブンでビーフシチューを作ったり試行錯誤の連続でしたが、料理と寝床の快適さだけは満足いくものにしようというコンセプトのもと、最初にしては楽しいひと時を過ごすことできました。

ただ、バタバタで周囲を見る余裕もなく、ゆっくりするどころか夜に大人達でお酒を飲みながら語らうようなイベントもなく、必死な?楽しいキャンプ体験でした。

それから1年も経っておりませんが、その後3回も3家族でキャンプに行っており、キャンプにはまっております。

SNSでもご購読できます。